超我の奉仕

 

Service-Above-Self-Logo

ロータリーの標語である「超我の奉仕:Sevice Above Self」は、120万人以上の会員を誇る組織の人道的精神をよく言い表しています。

またロータリアン同士の親睦と、有意義な社会奉仕や国際奉仕プロジェクトは、世界中でロータリーの特徴となっています。
ポートランドで開催された第2回大会で、ミネアポリスのB・フランク・コリンズは他人のために尽くす意義と重要性を説き、RCは“Service,Not Self”を根本精神としなければならないと強調しました。
その後、この標語は“Service Above Self“と修正、1950年ロータリーのモットーとして公式に採用され1989年規定審議会によりロータリーの第1標語に指定されました。

ロータリーの5つの「奉仕部門」は活動を導く指針となっています。

【職業奉仕部門】
職業奉仕を通じて、自分の職業スキルを奉仕に生かし、あらゆる行動における高潔さを推進します。

【クラブ奉仕部門】
クラブ奉仕を通じて、会員が楽しみ、末永い友情を築くとともに、クラブのスムーズな運営を促進します。

【社会奉仕部門】
社会奉仕を通じて、地元地域のニーズに取り組み、長期的な改善をもたらすために地域の人々とともに活動します。

【国際奉仕部門】
国際奉仕を通じて、世界中の人道的ニーズに取り組み、世界理解と平和を推進 します。

【新世代奉仕部門】
新世代奉仕を通じて、青少年や若者たちとの活動を行い、次世代のリーダー、時代の先駆者、平和構築者を育成します。

最近の記事