Home » クラブ広報 » 地区補助金事業報告 ミニミニ外国inマリーナホップ

 

地区補助金事業報告 ミニミニ外国inマリーナホップ

 

平成27年10月18日(日)、広島市西区のマリーナホップイベントスペースにて、国際文化交流体験(地区補助金事業)のミニミニ外国を実施しました。
午前10時から広島西南ロータリークラブの会員30名(会員数64名)と津田子供の家の子供たちと先生29名、総勢59名の皆様にご参加・ご協力いただきました(例年のボウリングと食事マナー研修に代えての事業です)。

最初にルールの説明を受けて、ロータリーメンバー2人と子供たちでチーム分けし、11チームで「Thank you」ポイントの数を競います。
まずは、パスポートを一人1冊発行してもらい、飛行機に搭乗します。機内にて、CA(キャビンアテンダント)による巨大人間すごろくのルール説明のビデオを観賞。
子供たちは英語で入国審査を終え、巨大人間すごろくゾーンへと移動します。
サイコロの数だけ進み、与えられたミッションをロータリーメンバーのサポートを受けながらクリアしていき、一緒に会場内を走り回りました。
最初は、外国人との出会いに驚いたり、馴染めなかったり、とても緊張した様子。
時間が経つとゲーム感覚で楽しみながら体験できたのもあり、途中からはほんの少し勇気をもって英語で言葉を発したり、最後は笑顔でみんなと触れ合うことができました。

表彰式は南国の雰囲気たっぷりのハワイアンカフェで。
ハワイの定番・ロコモコプレートをいただきながら、楽しい1日を振り返りました。

広島西南ロータリークラブとしては、英語による異文化交流を実践する場を提供し、異文化コミュニケーションを子供たちと一緒に体験できる貴重なプロジェクトを支援させていただきました。

スライドショーには JavaScript が必要です。


 

No comments

Be the first one to leave a comment.

Post a Comment